貧血だとどうなるの?妊娠中の貧血とその影響 | 妊婦後期 食事

MENU
妊娠さんの便秘を薬を使わず解決するには?
妊婦さんでも安心♪妊娠後期の便秘を劇的にスッキリできるオリゴ糖
公式サイトは以下の画像をクリック


貧血だとどうなるの?妊娠中の貧血とその影響

貧血だとどうなる妊娠中

妊娠後期の貧血で悩んでいませんか?

 

毎日鉄剤を飲んでいる方も少なくないでしょう。鉄剤は、飲むと便秘などの副作用があり、なるべく飲みたくないですよね。

 

どうしてそこまで貧血に気を付けなければいけないのでしょうか?貧血について、考えてみましょう。

 

 

どうして妊娠すると貧血になりやすいの?

妊娠中は、お母さんの体重が増えたり赤ちゃんに血液を与えたりするため、血液の量が増えます。しかし、全体の血液量に比べると赤血球の増え方が少ないです。
そのため、赤血球の濃度が薄くなってしまい、貧血のようになってしまします。妊娠中期・妊娠後期はさらに血液量が増え、鉄分不足も加わって、ますます貧血になりやすくなります。

 

 

貧血になってしまったら

めまい、立ちくらみ、頭痛、動機、息切れ、疲れやすい、だるいなどの症状があります。

 

妊娠初期は食事などで改善するよう指示されますが、妊娠中期・妊娠後期は鉄剤を処方されます。もっとひどい貧血の場合は点滴を打つこともあります。

 

 

貧血だとどうなるの?

お母さんが貧血になると、栄養をもらっている赤ちゃんも貧血になったり成長しにくくなったりします。

 

出産のときには、出血量が多くなりやすくなって、輸血が必要になることもあるんです。また、産後のことですが、血液から作られる母乳の出が悪くなったりします。

 

 

貧血は、赤ちゃんにもお母さんにも悪影響があるんですね。予防をしっかりして、なってしまったらしっかり対処して、安心して出産に臨めるようにしましょう。

貧血だとどうなるの?妊娠中の貧血とその影響関連ページ

【妊娠後期の便秘】原因と対策
この頭痛は妊娠が原因?つらい頭痛でお悩みの方へ