気になる!妊娠後期の体重管理の3つの疑問 | 妊婦後期 食事

MENU
妊娠さんの便秘を薬を使わず解決するには?
妊婦さんでも安心♪妊娠後期の便秘を劇的にスッキリできるオリゴ糖
公式サイトは以下の画像をクリック


気になる!妊娠後期の体重管理の3つの疑問

妊娠後期の体重管理

妊娠してから、体重管理で悩んでいませんか?

 

検診に行くと、毎回体重をはかりますよね。その時、増えなくても、増えすぎても、医者から注意を受けます。

 

体重管理に関して3つの疑問をまとめてみました。

 

 

その1:どうして体重管理が必要なの?

体重が増えていないと赤ちゃんの発育が心配ですし、増えすぎてしまうと妊娠高血圧症候群のような病気のリスクが増えるためです。

 

妊娠高血圧症候群とは
妊娠20週〜分娩後12週の間に、高血圧になっていたり、また、高血圧と尿たんぱくがみられることです。妊娠後期にみられることが多いです。ひどい場合は、赤ちゃんもお母さんも死の危険性があります。

 

一般的に、妊娠中の体重の増加は、8〜12キロ程度くらいがよいといわれています。母子ともに健康でいるために、このような体重管理が必要なのです。

 

 

その2:妊娠後期に体重が増えやすいのはなぜ?

これまでは増えすぎではなかった体重が、後期になって急に増えたりしていませんか?

 

妊娠後期になると大体つわりもなくなっていますし、臨月ではこれまで大きくなって胃を圧迫していた子宮が下に降りてきて、食欲が出てきます。

 

また、適度な運動も勧められるので、散歩などをしているとますますお腹がすきます。かといって運動をしないでいると、体重は増えていく一方です。

 

食欲のままに食べていると、あっという間に体重が増えてしまいます。まして、お菓子や外食中心だとなおさらです。

 

 

その3:体重管理は、ダイエットとどう違うの?

ダイエットは、体重を減らすために食事制限や運動をすることです。体重管理は、そのダイエットとは違います。

 

体重が増えすぎたからといって極端に食事制限をしたり激しい運動をしたりはできません。赤ちゃんに栄養を与えるため、バランスのとれた食事をきちんと摂ることが必要です。

 

安全に出産するために適度な体重増加を保つこと、それが体重管理なのです。

気になる!妊娠後期の体重管理の3つの疑問記事一覧

 

赤ちゃんの体重、妊娠してから気になっていることでしょう。検診に行くと、超音波検査で赤ちゃんの体重測定もしますよね。この体重は、赤ちゃんの頭の横幅、おなかの断面積、おなかの周りの長さ、大腿骨の長さから出したものです。頭がとても大きかったり、足が長かったりすると誤差が大きくなりますが、ふつうの誤差は200グラムくらいと少なめです。妊娠後期の赤ちゃんの体重の目安です。1週間ごとにみてみると以下のようにな...